結婚内祝いの贈り物で恥をかかないためにマナーを知ろう

新築祝いを贈るにもマナーが大事~正しい知識を身につける~

結婚内祝いの贈り物で恥をかかないためにマナーを知ろう

プレゼントを持つ人

結婚内祝いにお礼状を添える理由

結婚内祝いは結婚祝いを頂いた場合にお返しするものです。ただし結婚内祝いは贈る相手の方に気持ちよく受け取ってもらうためのものです。本来はお祝いを頂かなくてもおめでたいことをお裾分けするという意味がありましたが、今ではお返しの意味合いが強いものです。そのため地域によってはお祝いを贈っていないのに、贈るという習慣のところもあります。また郵送で贈ることが多くなったので、お手紙は別送するか同封するのが礼儀です。それは感謝の気持ち、これからの新たな生活も仲良くして頂きたいといった気持ちを表すものです。お礼状の内容には色々な書き方がありますが、感謝を尽くすことが一番重要です。

贈る際のマナーについて

一番やってはいけないことが結婚式の後(または入籍の後)1カ月以内に贈るのが礼儀とされています。あまりにも遅い時期になると失礼になります。また贈る品物にはタブ-とされる切れる・割れるものなどを避けるようにしましょう。これは地域によっても習慣や考え方がありますが、不明ならなるべく親族の方に聞いておくと安心です。また偶数を避けるようにしましょう。これは二つに切れるといったことに起因します。詰め合わせなどを贈る場合は偶数を避けることが大切です。そして縁起物にこだわることも重要です。例えばバームクーヘンが結婚式の定番になっているのは家族が増える、年輪を重ねるといった意味があります。おめでたいものを贈るという気遣いが大切です。

ここがポイント!便利なカタログギフトの利用方法

カタログギフトなら、結婚お祝いを始め結婚内祝い専用のものが用意されています。ジャンル別になっているものがすでに用意されているので非常に便利です。これなら贈られた側も自分の好きな品を選ぶことが可能です。